プログラム

要旨発行日は11月10日を予定しています。

特別講演111月21日(月)11:15~12:00
「生体とのインタフェース:ソフトマイクロマシン」
演者
小西 聡 (立命館大学)
特別講演211月21日(月)15:30~16:15
「Hydrogel Strategies to Tissue Regeneration and Drug Delivery」
演者
Ki Dong Park (Ajou University)
特別講演311月22日(火)15:15~16:00
「生体内合成化学治療」
演者
田中克典 (東京工業大学/理化学研究所)
シンポジウム111月21日(月)9:45~11:15
「医療イノベーションを起こすマテリアルダイバーシティ」
「『みる』にイノベーションを起こすマテリアルの底力 生涯にわたる『みえる』のサポートを目指す」
演者
伊藤恵利 (株式会社メニコン)
「内視鏡下外科手術用エネルギーデバイスに求められる材料とは」
演者
岡田光正 (オリンパスメディカルシステムズ株式会社)
「歯科用コンポジットレジンの高強度化・高耐久化」
演者
寺前充司 (株式会社松風)
「産学連携とイノベーション」
演者
西川靖俊 (オルソリバース株式会社)
「再生医療実用化の現状と将来展望」
演者
畠賢一郎 (株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング)
「医療機器の承認審査」
演者
奥田大樹 (医薬品医療機器総合機構)
シンポジウム211月22日(火)9:00~11:00
「異分野融合×キャリアデザインでひろがるバイオマテリアル研究のダイバーシティ」
「脊椎動物の進化と生態から探る骨バイオマテリアル研究」
演者
林 昭次 (岡山理科大学)
「海外経験と異分野交流で得た研究のダイバーシティ」
演者
林 智広 (東京工業大学)
「生分解性高分子を基盤とした注射可能なハイドロゲルの開発」
演者
徐 于懿 (大阪大学)
「臓器・細胞間伝播を担う生体制御物質「細胞外小胞」〜臨床応用を目指して〜」
演者
江口暁子 (三重大学)
「米国アカデミア研究者からのキャリアパス」
演者
厚見宙志 (川崎ナノ医療イノベーションセンター)
「医療機器産業を取り巻く環境変化と経済産業省における支援施策」
演者
加藤二子 (経済産業省)
国際ガラス年記念シンポジウム11月21日(月)14:00~15:30
iyog2022
「アモルファス材料が切り拓くバイオマテリアル研究のダイバーシティ」
「治療効果を高めるための生体用ガラス材料の設計」
演者
春日敏宏 (名古屋工業大学)
「審美歯科治療に寄与するガラス材料」
演者
宇尾基弘 (東京医科歯科大)
「Tailoring Composition and Structure of Inorganic Nanoparticles for Cancer Immunotherapy」
演者
王 秀鵬 (産業技術総合研究所)
「骨芽細胞活性化無機イオン溶出型リン酸塩ガラス系材料の開発」
演者
李 誠鎬 (産業技術総合研究所)
教育講演
受賞講演
一般演題(口頭発表・ポスター発表)11月21日(月)・22日(火)
企業展示11月21日(月)・22日(火)