本文へジャンプ

演題登録

第26回大会では学術展示、症例展示に加えて一般口演(コ・デンタル部門も含めて)の演題も募集いたします。多数の演題申込をお待ちしております。

発表言語

国内からの発表は原則として日本語とします。

演題区分

A.展示発表

  1. 学術展示
  2. 症例展示(専門医更新のための症例展示につきましては、下記の注意事項をご確認ください)

B.一般口演

C.コ・デンタル部門

  1. 一般口演
  2. 学術展示

発表者の資格

A.国内からの発表

以下、2つの条件を満たしていることが必要です。

  1. 日本成人矯正歯科学会会員であること(ただし、研究の根幹に関わる専門的知識あるいは技術の提供を行った非会員の共同発表者を2名以内に限り認めます)。
  2. 平成30年度までの年会費を納入していること
    ※未入会および会費未納の方は、学会事務局で予め手続きを済ませてください。

B.海外からの発表

発表段階で学術大会の参加登録を行っていること。

演題申込方法

下記の演題登録フォームよりお願いいたします。

演題申込・抄録提出締切日

平成30年2月17日(土)2月28日(水)必着
※延長しました

申し込み演題の採否について

1.採否の決定について

申し込み演題の採否は、本学会学術委員会、認定委員会、専門医制度委員会、認定矯正歯科衛生士認定委員会、認定矯正歯科技工士認定委員会にて行います。演題が採択されない場合、あるいは発表形式の変更をお願いする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

2.採否の通知方法

演題採択の場合は演題受理票および必要書類をお送りいたします。

  • 一般口演、学術展示に関しましては演題申し込みと同時に抄録を提出してください。抄録は400字から800字程度で、研究目的、研究方法、結果、考察を簡潔にまとめ、下記の「抄録レイアウトサンプル」ファイルを利用して、Wordファイルで作成してください。作成した抄録(Wordファイル)は、演題申し込み時に演題登録フォームにて添付してください。ファイル名には演者の名前を記入してください(例:Seijin Taro.docx)。
  • 一般症例展示に関しましては演題申し込みと同時に症例展示様式A.B を演題登録フォームにて添付してください。添付の際は、症例展示様式A.B のファイルをZIP形式で圧縮し、1つのZIPファイルにして添付してください。ZIPファイルの容量は10MBまで添付できます。


専門医更新のための症例展示について

専門医の更新申請にあたっては、2症例の「学術大会における症例展示証明書(専門医制度委員会から発行)を提出する必要があります。そのため、専門医資格の更新を希望される専門医は更新年の学術大会までに必ず2症例の症例展示を行ってください。演題締切、症例様式A.B提出締切は、一般症例展示と同様に平成30年2月28日(水)となります。

認定矯正歯科衛生士1級資格審査を希望される方へ

第26回大会における1級資格審査を希望される2級認定矯正歯科衛生士の方は、

  1. 平成30年1月15日(月)までに学会事務局(学術社)に、その旨のご連絡をお願いいたします。詳細についてご案内いたします。
  2. 第26回大会のコデンタル部門における一般口演等の筆頭発表者として、演題申込み・抄録提出の手続きを平成30年2月28日(水)までにお願いいたします。

認定矯正歯科技工士2級の認定申請を希望される方へ

申請条件として、

  1. 日本成人矯正歯科学会の会員・準会員であること
  2. 第26回大会に参加し、歯科技工士講演を受講すること

が必須条件となっております。未入会の方は、学会事務局(学術社)で予め手続きを済ませてください。

お問合わせ先

運営事務局:第26回日本成人矯正歯科学会大会 事務局
(一財)口腔保健協会 コンベンション事業部内
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル402
TEL:03-3947-8761  FAX:03-3947-8873
お問合わせページ