本文へジャンプ

プログラムProgram

PDFファイル ダウンロード

タイムテーブル プログラム

プログラム

特別講演(大会1日目)

座長:宇井 和彦 先生(日本歯内療法学会理事長,東京都開業,宇井歯科医院,院長)

「再生歯科医療が根管治療を越える日」
井上 孝 先生(東京歯科大学臨床検査病理学講座,教授)

教育講演(大会1日目)

座長:阿南 壽 先生(福岡歯科大学口腔治療学講座歯科保存学分野,教授)

「倫理指針の改定とプライバシー」
永嶋 哲也 先生(福岡歯科大学医療人間学講座医療倫理学分野,教授)

シンポジウムⅠ「マイクロエンド-精密根管治療」(大会1日目)

コーディネーター:五十嵐 勝 先生(日本歯科大学生命歯学部歯科保存学講座,教授)

シンポジスト:

  • 「マイクロエンドの特徴と適応症例」
    古澤 成博 先生(東京歯科大学歯内療法学講座,教授)
  • 「マイクロスコープ100%活用術」
    三橋 晃 先生(神奈川歯科大学, 臨床教授, 鎌倉デンタルクリニック,院長)

シンポジウムⅡ「再生療法のサイエンス-細胞機能制御を起点とした歯内療法研究の最前線と臨床的ストラテジー-」(大会2日目)

コーディネーター:柴 秀樹 先生
(広島大学大学院医歯薬保健学研究科歯髄生物学研究室,教授)

シンポジスト:

  • 「骨分化シグナルを標的とした新規再生療法の開発」
     英津子 先生(福岡歯科大学口腔治療学講座歯科保存学分野)
  • 「歯内治療への応用を目指した炎症制御による硬組織再生法の開発」
    土屋 志津 先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究科歯髄生物学教室)
  • 「硬組織・免疫システムの賦活化と間葉系幹細胞を利用した組織再生療法を目指して」
    伊藤 祥作 先生(大阪大学大学院歯学研究科口腔分子感染制御学講座)
  • 「歯髄組織再生動物実験モデルの確立-歯髄再生療法研究のさらなる展開へ-」
    金子 友厚 先生(東京医科歯科大学(TMDU)大学院医歯学総合研究科
    口腔機能再構築学講座歯髄生物学分野)

ランチョンセミナー1(大会1日目)

共催:日本歯科薬品株式会社
座長:木ノ本 喜史 先生(医療法人豊永会 きのもと歯科)

「日本発のBioactive Glassを配合した次世代型根管用シーラー『ニシカキャナルシーラーBG』の特性と臨床」
鷲尾 絢子 先生(九州歯科大学口腔機能学講座口腔保存治療学分野,講師)

ランチョンセミナー2(大会2日目)

共催:ヒューフレディ・ジャパン合同会社

「歯根端切除術における外科手技とインスツルメントの選択」
中田 光太郎 先生(中田歯科クリニック)

ランチョンセミナー3(大会2日目)

共催:東京歯科産業株式会社/コルテンジャパン合同会社

「コルテンエンドシステムの完成を目指して」
北村 和夫 先生(日本歯科大学附属病院総合診療科)

デンツプライシロナ賞受賞講演(大会2日目)

「拡大した根尖孔を水酸化カルシウム製剤により閉鎖する-マイクロスコープ下における観察」
木ノ本 喜史 先生(医療法人豊永会 きのもと歯科)

テーブルクリニック(大会2日目)

一般演題(口演・ポスター)(大会両日)

企業展示会(大会両日)

懇親会(大会1日目)