大会長挨拶

大会長
第39回日本歯科医学教育学会総会および学術大会
大会長 櫻井 孝神奈川歯科大学 学長

会員の皆様におかれましてはますますご清栄のことと御慶び申し上げます。

平素より一般社団法人 日本歯科医学教育学会会員の先生方には一方ならぬお世話になり、賜り誠に有難うございます。本紙面をお借りして心より御礼申し上げます。

さて、この度2020年9月26日(土曜日)~9月27日(日曜日)の2日間に渡り、私共神奈川歯科大学において第39回日本歯科医学教育学会総会および学術大会を開催させていただく運びとなりました。エビデンスを伴わない歯科医師過剰の風評により、歯学界全体が迎えた暗黒時代の傷跡がまだ癒えきれぬ中、我が国における少子超高齢社会の到来に伴う疾病構造の変化や、社会的ニーズの多様化などにより、歯科医療業界は大きな変換点を迎えております。このことは、当然ながら歯科医学教育界にも多大なる影響を及ぼすこととなり、特に歯科医師国家試験が実質的に競争試験と化された後には、我が国の歯科医学教育そのものが次第に理想的な姿から遠ざかっていく感がございます。また、高等教育における機関別認証評価の義務化に加えて分野別評価も開始されることとなり、全ての大学の事務的負担が増加することに加え、働き方改革の施行により限られた人的資源であるにも拘らず労働時間までもが厳しく制限されることとなり、様々な対応を迫られております。そこで、今回は大会テーマを『歯科医学教育の原点から未来を創る』と定め、これからの歯科医学教育の理想的な姿について共に考え、意見を交換する場としていただければと思慮いたしております。

学術大会期間中には、本学会理事長からの教育講演と学会会員等からの学術演題に加え、グローバルな視点からの特別講演や、災害歯科医療に関するシンポジウム、医療系学生の教育のあり方に関するシンポジウム、プロフェッショナリズム教育に関するシンポジウム等の開催を計画しております。また、関連企業の皆様からも、私共学会会員への御提言や御示唆等をお寄せ頂ければ幸甚でございます。

大会の開催におきましては、学術団体として相応しい節度のある運営を心掛け、大学施設を利用することといたしました。御不便をおかけすることが多々あろうかと危惧いたしておりますが、何卒御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。横須賀は、ペリー来航の地であるとともに、現在も米国第七艦隊の極東基地の中枢を担う独特の文化を有する街でございます。本大会の機会に是非横須賀に足をお運びいただきますようお願い申し上げます。

会員の皆様と9月にお会いできますことを楽しみにいたしております。何卒多くの先生方の御参加をお願い申し上げます。