本文へジャンプ

大会長挨拶

大会長

第29回日本レーザー歯学会 総会・学術大会
大会長 新海 航一

この度、「第29回日本レーザー歯学会総会・学術大会」の大会長を仰せつかりました。2017年9月23日(土)、24日(日)の両日、新潟市にございます「日本歯科大学新潟生命歯学部」において開催する運びとなりましたのでご挨拶申し上げます。

本学会の第17回総会・学術大会が2005年に本学部で開催されましたので、新潟市での開催は12年の歳月を経て、2回目ということになります。私は当時、準備委員長を務めました。その経験から、学術大会の準備は非常に大変な仕事だということを認識しております。今回は海老原 隆準備委員長を中心に、当講座と本学新潟病院総合診療科のメンバーとともに、大会準備を進めて参りたいと思いますので、ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

さて、今回のメインテーマは「歯科治療におけるレーザーイノベーション」とさせていただきました。日常臨床へのレーザー治療の導入により何が革新されたのか、さらにレーザー治療自体がどのように革新されてきているのか、このような点にテーマを絞り、現在行われている診断や治療、研究の動向、そして今後のレーザー歯学の発展について活発に討論できる学術大会を開催したいと考えております。会員の皆様、奮ってのご参加ならびにご発表を衷心よりお願い申し上げます。

現時点では、学術大会プログラムとして、特別講演、教育講演、シンポジウム、ランチョンセミナー、一般演題(口演・ポスター)、安全講習会、認定講習会、専門医試験、企業展示等を予定しております。プログラム内容が決まり次第、ホームページに掲載しますので、時折チェックしていただきたいと思います。

本学会は、いうまでもなく、レーザー機器があって成立する学会であります。本学会にご協賛いただいている企業様におかれましては、本学術大会におきましても従前どおり絶大なるご支援を賜りたくお願い申し上げる次第です。