日本全身咬合学会雑誌投稿規定

  1. 投稿資格
    本誌へ投稿する著者(共著者も含む)は本学会の会員に限る.ただし,非会員でも編集委員会が特に認めたものはこの限りではない.
  2. 投稿論文の種類
    総説,原著論文,臨床,症例報告およびその他とし,他の雑誌に未発表のもの, あるいは発表予定のないものに限る
  3. 投稿論文の採否
    投稿論文の採否および掲載順序は編集委員会が決定する.編集委員会は投稿論文の査読を行う.必要に応じて査読委員を委嘱する.また,投稿論文は編集方針に従って,原稿,写真,図,表などの加筆,削減および一部の書き直しを求めることがある.
  4. 執筆要項
     1)原稿は1頁目を表紙とし,次の項目を記載する.和文表題,和文著者名,英文表題,英文著者名,和文所属機関,英文所属機関.さらに,5個以内の索引用語(キーワード:日本語および英語)を和文,英文抄録の末尾に添付すること(英文翻訳を希望される場合は,投稿の際申し出ること).なお,所属名は必ず公式名称を用いること.
     2)原著論文,臨床論文の原稿には和文抄録(600字以内でA4判),英文抄録(300語以内でA4判)を添付する.
     3)総説,原著論文,臨床:A4判400字詰横書原稿40枚以内(ただし,図,表,写真は原稿1枚分とする)(図,表,文献共)
     4)症例報告,その他:A4判400字詰横書原稿15枚以内(図,表,文献共)
     5)原稿はワードプロセッサーまたはタイプを使用し,A4判用紙1枚につき20字×20行の400字横書とすること.
     6)所定枚数を超過した論文は原則として採用しない.ただし,編集委員会で超過を認めた場合に限り掲載することがある.
     7)論文の記述様式
      1 原則的な論文の構成を以下に示す.
       ★.緒言 ★.材料および方法 ★.成績 ★.考察 ★.結論,謝辞など引用文献の順とする.なお,本文原稿下段中央に頁を記すこと.
      2 見出しは次の順に項目をたて,行の最初の一画をあける.
        ★,★,★,★……
        □1,2,3,4……
        □1),2),3),4)……
        □1,2,3,4……
        □a,b,c,d……
        □a),b),c),d)……
        □a,b,c,d……
       なお,症例報告は投稿規定の末尾の『症例報告の書き方』に準拠すること.
     8)原稿は常用漢字,現代かなづかいを使用する.学術用語は各学会制定の用語,単位と記号は国際単位系(Syste´me International d' Unite´s,SI単位系)を用いる.
     9)写真は手札大とし,図,表などには必ず白紙または青線方眼紙に黒色で清書し,直ちに印刷できるようにして送付のこと.図,表のトレースあるいはカラー写真などを希望する場合は,その旨を表紙および該当部位に朱書すること.実費は,著者負担とする.
     10)図,表の表題と説明は英文が望ましいが,和文でも可(同一論文ではどちらかに統一).
     11)図,表などはすべて1枚ずつ別紙で貼り,本文末尾にまとめ,本文中の挿入箇所を欄外に朱書すること.
     12)身体各部を表す用語は,解剖学用語(日本解剖学会,昭和62年改訂)を用いること.
     13)学術用語については,医学用語または医学用語辞典(日本医学会編,1991年度版)を用いること.
     14)歯科用語は,文部省編日本歯科医学会発行の学術用語集・歯学編((財)口腔保健協会)を用いること.
     15)顎関節に関する用語については,第6回顎関節研究会誌巻末,用語検討委員会編「顎関節に関する用語」を用いること.
     16)カイロプラクティックなど徒手による治療方法については,使用した治療方法あるいはテクニックについて簡単な説明を付記すること.身体の歪みや姿勢について述べるとき,そして関節の機能障害についてその骨の変位や運動学的な異常を述べるときは,慣用的に用いられる解剖学的な用語や生体力学的な表現によるものとする.
     17)鍼灸・東洋医学に関する用語に関しては,原則として編集委員会の指示に従うこと.
     18)原稿は完全なものとして送付すること.校正時における加筆,訂正は認めない.
     19)原稿はオリジナルの他,コピー2部(図・表などを含む)を添えて提出すること.
     20)著者校正は初校のみとする.
     21)表題が30字を越えるものは,柱(ランニングタイトル)用として30字以内の表題を別紙に記載する.
  5. 引用文献の記載
     1)引用文献は論文に直接関係のあるものに留めること.
     2)本文中に右肩番号を付け,本文末の別紙に引用順に集め,次の順で記載すること.
      1 雑誌文献引用記載は次の方式による.
       引用番号)著者名:表題,雑誌名,巻:始頁〜終頁,発行西暦年号.
      2 単行本文献引用記載は次の方式による.
       引用番号)著者名:書名,始頁〜終頁,発行者,発行地,発行西暦年号.
      3 分担執筆の単行本引用記載は次の方式による.
       引用番号)分担執筆者名:分担執筆の表題,編者または監修者,書名,始頁〜終頁,巻などの区別,発行者,発行地,発行西暦年号.
      4 翻訳書文献引用記載は次の方式による.
       引用番号)著者名(翻訳者):書名(翻訳書名,始頁〜終頁,発行者,発行地,発行西暦年号)発行西暦年号.
     3)引用文献が共著である場合は,原則としてすべて連記する.外国文献もこれに準ずる.
     4)やむをえず学会発表の抄録を参考にした場合は,表題の後に(抄)を,発行前の雑誌論文を引用する場合は,(投稿中),原著を見ることができないため他の著作から引用した場合は[から引用]と明記すること.
     5)雑誌名の略記については,和文文献は医学中央雑誌所蔵目録により,外国文献についてはIndex Medicus所蔵のものに従う.
     6)Personal communicationは文献として引用しないように.
    記載例
     1)中南匡史,大前泰三,赤西正光,丸山剛郎:顎口腔機能異常患者の心身医学的側面について―第2報―,補綴誌,33:395〜400,1989.
     2)石上惠一,大木一三:歯のスポーツ医学“咬合と重心動揺”,J.J.Sports Sci.,11:360〜364,1992.
     3)八木聰明:神経学的検査, 鈴木淳一, ABRマニュアル聴性脳幹反応の臨床応用,109〜124,1版,篠原出版,東京,1987.
     4)Lucy,E.H. and Patricia,L.B.:An electromyographic study of mandibular position in response to changes in body position, J Prosthet Dent, 49:271〜275, 1983.
     5)Mariano, R.:Diagnosis and treatment of abnormal craniocervical and craniomandibular mechanics, William, K.S. and Clark, G.T., Abnormal Jaw Mechanics, 141〜157, 1st ed, Quintessence Publishing Co, Chicago, 1984.
  6. 掲載費用および印刷
    1)掲載料は4頁まで無料とし,5頁以降は規定の掲載料を著者負担とする.また,図,カラーについては実費とする.
     2)特に早く掲載を希望する論文(特別掲載)の掲載料は別途料金による.その場合,原稿表紙に付記すること.
     3)投稿原稿には表題,著者名,本文原稿枚数,表枚数,図枚数,別刷希望部数,校正別刷連絡先(氏名,住所,電話番号)を別紙に記入して,添付する.なお,別刷費用は著者負担とする.
  7. 著作権および原稿送付先
    1)本誌に掲載された論文の著作権(著作財産権,copy right)は本学会に帰属する.
    2)原稿は日本全身咬合学会雑誌,編集委員長宛とし,簡易書留で郵送すること.
       送付先
         〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9
         財団法人口腔保健協会内
         日本全身咬合学会編集委員会編集委員長宛
     原稿受付締切日   発行予定日
    1号  11/30 5/31
    2号 4/28 10/29

 症例報告の書き方

T.はじめに(症例報告の目的を明示して下さい)
U.症例
 1.患者…性別,年齢,(初診時年齢)
 2.初診日
 3.主訴
 4.現病歴
 5.既往歴
  1)全身的
  2)顎口腔的
 6.生活歴
 7.現症
  1)全身所見
  2)局所所見
   1 顔貌所見   
   2 顎口腔所見
 8.診断
  1)診断名
  2)診断根拠
 9.治療計画
 10.治療方法およびその経過
 11.治療結果
V.考察
W.まとめ
X.文献