本文へジャンプ

会則Rule

日本歯学図書出版協会 会則

第1条(名称)
本会は日本歯学図書出版協会 The Japan Dental Publishers Association (略称JDPA)と称する。
第2条(目的)
本会は歯科学術文化の発展に寄与することを目的とし、併せて会員相互の親睦と繁栄をはかる。
第3条(事業)
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 出版物のPR
  2. 小売正価の維持指導
  3. デンタルショーの展示
  4. 著作権・出版権思想の普及および関連事項
  5. その他、本会の目的達成に必要な事項
第4条(構成)
本会は歯学図書を発行している出版社をもって構成する。
第5条(事務局)
本会の事務局は会長または幹事の所属する会社内に置き、会長の任命により事務局長を置くことができる。
第6条(入会)
  1. 第4条に該当し、設立後3年を経過し本会に入会を希望するものは、会員2名の紹介を受けたうえで、入会申請書、会社概要を会長に提出する。会長は、6月の定期総会にかけるものとする。
  2. 本会への入会は、定期総会で出席会員の承認を得なければならない。
第7条(会員の義務)
会員は会則を守り、本会の目的達成に協力しなければならない。
第8条(入会金・会費)
  1. 会員は入会の時点で入会金を、また年会費を当該会計年度内に納入する。
  2. 入会金および年会費は総会の議を経て決する。
  3. 既納の入会金および年会費は返還しない。
第9条(経費)
第2条の目的遂行のために行う諸事業の経費は、年会費のほか、その都度定める特別会費による。
第10条(会議)
  1. 本会は毎年一回6月に定期総会を開催し、必要に応じて臨時総会、幹事会を開催する。
  2. 総会および幹事会は会長が招集する。
  3. 総会は会員の3分の2以上の出席をもって成立する。
  4. 但し、出席できないものは委任状により委任することができる。
  5. 決議は出席会員の3分の2以上の賛成を必要とする。
  6. 本会の事業遂行上必要に応じて委員会を設ける。
    委員長は会長が委嘱し、委員会は委員長が招集する。
第11条(幹事)
  1. 本会に幹事(5名以内)を置き、総会で選任する。
  2. 会長、副会長の選任は、幹事の互選による。
  3. 幹事の任期は2年とし、3期6年を限度とする。
    幹事の選任については本会の構成員である出版社単位で行うが、会員社の代表者であることを問わない。但し、会長、副会長には代表者(又は準ずるもの)が就くこととする。
  4. 副会長は会長に事故のある時は、その職務を代行する。
第12条(退会および除名)
  1. 本会から退会をする場合は、会長宛に書面にて退会理由とその旨を連絡するものとする。ただし、退会の時期によらず、当該年度の会費は返金されないものとする。
  2. 会員であって会員の義務を履行しない場合、また本会の体面を汚す行為があった場合は、総会の決議により除名することができる。
  3. 会員が6ヶ月以上にわたって会費を納入しない場合には、除名することができる。
第13条(会計年度)
本会の会計年度は5月1日に始まり、翌年4月末日までとする。
第14条(会則の変更)
この会則の変更は総会の承認を経なければならない。

昭和55年3月6日制定
昭和61年7月4日改訂
昭和63年6月15日改訂
平成4年6月12日改訂
平成7年6月20日改訂
平成18年6月8日改訂
平成19年6月7日改訂
平成20年6月5日改訂
平成23年6月9日改訂